2019年01月17日

WHスタッフに感謝【トランプ大統領からのメール返信 2019-01-17】ホワイトハウスに連絡していただきありがとうございます。 私たちはあなたのメッセージを慎重に見直しています。


ホワイトハウス、ワシントン 2019年1月16日
  

ホワイトハウスに連絡していただきありがとうございます。 私たちはあなたのメッセージを慎重に見直しています。

ドナルド・J・トランプ大統領は、私たちの国の強みはアメリカ国民の精神と、情報を入手し、関わり続けたいという彼らの意欲にあると考えています。 トランプ大統領はあなたが手を差し伸べるために時間を割いていただければ幸いです。

敬具

大統領通信事務局

https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/11/POTD-November-29-2018-1.jpg

●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/


【Reply by e-mail from President  Trump 2019-01-17】


January 16, 2019
 
Thank you for contacting the White House. We are carefully reviewing your message.
President Donald J. Trump believes the strength of our country lies in the spirit of the American people and their willingness to stay informed and get involved. President Trump appreciates you taking the time to reach out.
Sincerely,
The Office of Presidential Correspondence

https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/11/POTD-November-29-2018-1.jpg

● Here, many foreigners are victims. You are a  #MeToo victim  too.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

posted by takarabune at 11:18| Comment(0) | WhiteHouse 大使館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特命全権大使 閣下 2019-01-17: 検察官は入管法22-4-4 「虚偽の書類を提出して在留資格を得た場はこの在留資格を取り消す」を理由に適用法を偽ります。 入管法22-4-4の「支援」に対して「刑法の62条1項、刑法60」を適用します。 しかし行政処分「在留資格の取り消し」に対して「刑法の62条1項、刑法60」は適用できません。

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


特命全権大使 閣下


2019-01-17: 検察官は入管法22-4-4
「虚偽の書類を提出して在留資格を得た場はこの在留資格を取り消す」を理由に適用法を偽ります。
入管法22-4-4の「支援」に対して「刑法の62条1項、刑法60」を適用します。
しかし行政処分「在留資格の取り消し」に対して「刑法の62条1項、刑法60」は適用できません。
これは「topsy‐turvy 」「confused」です。お笑いです。
法律が理解できる皆さん!日本政府に「法の論理」を指導してください。
日本政府はいつまでこの「お笑い」を続けるのでしょうか?


拝啓。L社に就職できなかった中国人4人は、大学を卒業後も、
学生時代にアルバイトで働いていた飲食店で引き続き働いていた。
それで彼らは2010年5月から6月に、
「入管法70条の4(在留資格外活動による不法就労)」で逮捕された。

しかし、中国人を雇用した飲食店の雇用者は
「入管法73の2条の(不法な労働を助長する罪)」で逮捕されない。
雇用者は何の処分も受けていない。

「取調べも調書」をみると、中国人を雇用した雇用者は、いずれも、
中国人が「働く資格がある」ことを確認することを、怠っていたと「供述」している。

私および「「中国人の採用」を担当した中国人」である「Kin Gungaku」は、
「入管法ぼ73-2条」に規定する行為をしていない。


しかし検察官はこのように言う。
私たちは「採用の予定の中国人」に「内容が虚偽の雇用の契約書類」を提供した。
それで中国人は容易に「技術」や「人文国際」の「在留の資格」が得られた。
中国人は「在留の留資格」が得られたので、日本に在住できた。
中国人は日本に在住できたので彼らは「不法な労働」をすることができた。

よって、「内容が虚偽の雇用の契約書類を提供した行為」と「違法な労働」との「因果関係」は明白である。
それで入管法70条の違反に、入管法22-4-4条を理由としての「刑法の60条、62条の「支援の罪」が適用した。
私たちは2010年6月に逮捕され、7月に起訴された。

私は2011年4月、東京地方裁判所から「労働の刑1年半、および罰金100万円」の判決を受けた。
私は高等裁判所へ控訴したが2011年10月に棄却された。
私は最高裁判所に上告したが「適用法誤りによる上告は「刑事訴訟法」の規定により審議の対象外」として、
2012年2月棄却された。
そして、私は2012年3月に東京拘置所に「収監」された。
そして、私は2012年4月、栃木県の刑務所に収監された。
そして、私は2013年3月に、「労働の刑」が終了して「開放」された。

私はすべての財産と信用を失った。
私の名誉の回復と賠償を求める戦いがはじまった。

これでも、貴女は、理解できませんか?
それとも、あなたは正義がない、のですか?

明日に続きます。
私はあなたが理解するまで続けます。


私は、2つのことを「訴えて」います。

日本政府による「国際的」な人権侵害です。
私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」を適用する「犯罪の理由」は以下です。
外国人が入管法22-4-4条(虚偽の書類を提出することによる在留資格の取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「在留資格の取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

sincerely yours,Yasuhiro Nagano



大使閣下へお願いします。 ************************************

日本へ上陸し、法務大臣より国外退去処分にされた貴国の国民を確認してください。
不法な就労で処分された貴国の国民のほとんどは無罪です。
不当に刑事処分された国民は惨めな人生です。
大使の勇気で、貴国の国民を救ってください。

この人道上の犯罪は、北朝鮮による日本人拉致犯罪よりも酷い犯罪です。
日本政府へ直接要求するのは、立場上難しいことは承知しています。
ICC へ捜査をして裁判を行うように、要求してください。
閣下の正義ある行動が、地球上からテロ犯罪をなくすことにつながります!


私の情報 ***************************************************

下記のプログにて公開しております。
http://momotato-samurai.seesaa.net/

長野恭博

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp




#MeToo Human rights victim!


To Ambassador of Special Mission


2019-01-17: Prosecutors impersonate the applicable law
on the grounds of immigration law 22-4-4 "If you obtain false documents
by obtaining false documents, you will cancel this status of residence".
I will apply "Criminal law Article 62 (1), criminal law 60" to "support" of immigration law 22-4-4.
However, "Penal Code Article 62 (1),
Penal Code 60" can not be applied to administrative punishment "withdrawal of status of residence".
This is "topsy-turvy" "confused".
It is comedy.
Everyone who can understand the law!
Please teach the Japanese government "logic of law".
How long will the Japanese Government continue this "comedy"?


Dear sirs. Even after graduating from college,
the four Chinese who failed to get a job at L company continued working
at a restaurant that worked part-time in school days.
So they were arrested in May to June 2010,
"Illegal employment due to activities outside the status of residence",
Article 70-4 of the Immigration Act.

However,
employers of eating and drinking establishments hiring Chinese people are not arrested
under Article 2 of the Immigration Act 73 (a crime that promotes illegal labor).
Employers have not received any disposition.
In case
Looking at "record of interrogation",
employers who hired Chinese people "stated" they neglected to confirm
that the Chinese were "qualified to work".

I and "Kin Gungaku" which is "the Chinese who took charge
of" Chinese recruitment "do not do the act prescribed in" Immigration law 73-2 clause ".

But the prosecutor says like this.
We offered "Contract documents for false content of employment" to "Chinese who will be recruited".
Therefore, the Chinese easily obtained "qualification of stay" of "technology"
or "humanities international".
The Chinese were able to live in Japan because "staying resident qualification" was obtained.
Because the Chinese were able to live in Japan, they were able to do "illegal labor".

Therefore, "causal relationship" between 'act of providing contract document
of false content of employment' and 'illegal work' is obvious.
Therefore, in violation of Article 70 of the Immigration Act,
"Article 60 of the Criminal Code," Crime of Assistance "
of Article 62 of the Criminal Code was applied due to the Immigration Act 22-4-4.
We were arrested in June 2010 and charged in July.

In April 2011, I received a ruling from the Tokyo District Court for "one
and a half years of labor and a fine of 1 million yen".
I appealed to the High Court but was rejected in October 2011.
Although I appealed to the Supreme Court,
"Appeal due to misappropriation of application law is not subject to deliberation pursuant
to the provisions of the" Code of Criminal Procedure "was rejected in February 2012.
And I was imprisoned in Tokyo detention center in March 2012.
And in April 2012 I was imprisoned in a prison in Tochigi prefecture.
And, in March 2013, I was "released" after "the sentence of labor" ended.

I lost all my wealth and credit.
The battle for recovery of my honor and reparation began.

Even this, you can not understand?
Or do you have no justice?

I will continue on tomorrow.
I will continue until you understand.


I "appeal" the two things.

It is "international" human rights violation by the Japanese government.
We ask for your support so that our "honor recovery and compensation" will be done.

1. Foreigners conducted "illegal work" other than "qualification for residence".
But a foreigner is innocent.

Only foreigners were punished by Article 70 of the Immigration Act "Sins of illegal labor".
On the other hand, the Immigration Control Act punishes employers
who are "causal relationships" of illegal work with the Immigration Act 73-2
(a crime that promotes illegal employment).

However, the Japanese judiciary "disposal" only foreigners, but they do not dispose of employers.
This obviously violates "principle of equality under the law"
And it violates international law prohibiting conscious disposal only of foreigners.

If an employer who illegally employed a foreigner is innocent,
a foreigner who has worked illegally is innocent.
If so, there is no one "who supported other crimes
of criminal law" against Article 70 of the Immigration Act.
"I, KinGungaku, a diplomat in the Philippine country,
a staff member of the Philippine Embassy" is innocent.

2. The "reason for crime" to which the prosecution applies "Article 62 of the Criminal Code,
(crime of supporting other crimes)" is as follows.
Foreigners conducted the act prescribed in Article 22-4-4 of the Immigration Act
(acquisition of status of residence by submitting false documents).
However, there is no "criminal punishment" against this.
Disposition is "cancellation of status of residence" by "Minister of Justice"
and "compulsory withdrawal to foreign countries".
Therefore, "Article 62 of the Penal Code, (crime of supporting other crimes)" can not be applied.

The Japanese government is "crushing" complaints.
But "crush" by state power is "stop" of "Statute of limitations".

The material is below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

There are many victims in the world.
Please "salvage" a lot of "victims" with "courage and justice".
I request the Japanese government to "recover honor"
and "compensate for the victim" of the victim.

sincerely yours, Yasuhiro Nagano



I would like to ask His Excellency. *************************

Please check the citizens of your country who landed in Japan and were taken out of the country by the Minister of Justice.
Most of the citizens of your country who are disposed of with illegal work are innocent.
Citizens who were criminalized unjustly are miserable lives.
Please rescue the citizens of your country with the courage of the ambassador.

This humanitarian crime is a more severe crime than a Japanese abduction crime by North Korea.
I know that it is difficult from a standpoint to request directly from the Japanese government.
Request that you investigate the ICC and make a trial.
Your rightful justice action leads to the elimination of terrorist crime from the earth!


My information *****************************************

We are publishing at the following program.
http://momotato-samurai.seesaa.net/

Yasuhiro Nagano


Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

*********************************************


posted by takarabune at 11:17| Comment(0) | WhiteHouse 大使館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【宝船 鯨肉消費量が減る一方の現在、なぜ日本は捕鯨をし続けるのでしょうか。】 約7割が売れ残る。それでも日本が捕鯨を続けざるを得ない裏事情






昨年12月26日、国際捕鯨委員会からの脱退を表明し
2019年7月より商業捕鯨を再開すると発表した日本政府。
この決定については国内外を問わず賛否両論喧しい状況となっていますが、
鯨肉消費量が減る一方の現在、そもそもなぜ日本は捕鯨をし続けるのでしょうか。
今回のメルマガ『週刊 Life is beautiful』では著者で
エンジニアとして知られる中島聡さんがある記事を紹介しつつ、
原発やスパコン事業と同根的とも言える「捕鯨から容易に撤退できない理由」を記しています。

シェア元タイトル
約7割が売れ残る。それでも日本が捕鯨を続けざるを得ない裏事情
シェア画像動画URL
https://www.mag2.com/p/news/wp-content/uploads/2019/01/shutterstock_53345356.jpg
シェアURL
https://www.mag2.com/p/news/381873
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年01月06日は【小寒(しょうかん)】池や川の氷も厚みを増し、寒さが厳しくなる頃です。この日を「寒の入り」といい、寒さの始まりを意味します。そして、小寒と大寒を合わせたおよそ1か月を「寒中」「寒の内」といい、寒中見舞いを出す時期とされています。
★ホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/12/45473832275_65dfee1ecd_o-1200x800.jpg
□来たれ!月光仮面!日本の検察の無法状態を理解して支援してください
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
★<注目>安倍政権の親共産主義政策を潰せ!トランプ政権は共産党と戦争をしています。米政府は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の中に、中国を「封じ込める」ための「中国条項」を「設定」しています。「日米物品貿易協定(TAG)」交渉や、「米・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)」交渉でも同じです。「中国条項」はUSMCAの参加国、例えばカナダが中国とFTAを「締結」すれば、3カ国のUSMCAは即廃棄、になる。ロス米商務長官は「毒薬条項」だと指摘している。これは安倍政権にも通告済みです。安倍政権は中国と「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」を積極的に推進している。これはアメリカに対する反逆です。当然トランプ政権はNOです。中国と「対決」するために「貿易での有志国連合」を形成するとしている。「反中国」の「新冷戦」ではイラク戦争と同じように「貿易での有志国連合」を形成するということです。日本も自民党と決別して反共産党で新しい貿易体制を作りましょう。!!
posted by takarabune at 10:08| Comment(0) | 社会・政治・経済・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする